ブログ

東京でのゼミが終了

ブログ

3月から東京で始まった臨床基本ゼミが先日終わりました。

「基本」とついていますが、内容はアドバンスなものばかりで、まだまだ自分の中で消化しきれておらず、日々の診療に十分に活かせていないのが現状ですが…

主催の金子先生からの最終講義「長期経過症例からみえるもの」からは、万物流転、動的平衡といった生命の大原則を受け入れるとともに、それらを見つめる上で揺るぎない視点や視座を持つことは何よりも大事であるということを教わりました。

また、患者さんに長く寄り添っていくこと、その中で生じる変化を注意深く観察すること、そしてその足跡を記録していくこと、といった姿勢はずっと変わらずに持ち続けていかなければならないと改めて感じました。

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アクセス メール 0929197177 0787323009